メニュー

MPCの魅力って?

今日は「MPC」について書こうと思います。
といっても、ほとんどの方が「MPC」って何?って感じだと思います。

MPCとは、以前のブログでご紹介したデザインコンクリートのひとつです。
◇デザインコンクリート:見た目を石や岩、レンガ風にデザインしたコンクリート造形のこと

弊社の施工でも時々MPCをご採用いただくお客様がいらっしゃいます。
中でも特に人気があるのが、「カウンターをモルタル風に仕上げたい!」というご要望です。

こちらは24㎜のラーチ合板に施工したMPC
色もたくさんあって、この時はドルフィングレーを使いました。
こちらはキッチン後ろの作業・収納スペース台
オーブンなども載せられるよう、木材をしっかり組んで作った下地にMPCを施工

MPC仕上げは屋外や車庫にも使え、耐水性や耐久性があります。

また実際のモルタル仕上げとの大きな差は、クラック(ヒビ)が入りにくいということ。
クラックが入ることを楽しむのももちろん良いですが、それを劣化と感じてしまう人にはMPCはオススメです。

弊社オフィスでも、以前はモルタル仕上げだったパーキングスペースをMPC施工しています!
実際施工して1年以上たちますが、劣化は特にみられません。

さらに汚れが付きにくいのか、目立たないのか分かりませんが←
まだMPCを施工していないモルタル仕上げのアプローチ部分は、細かい苔?や汚れが目立ち、時々ケルヒャーをやっているのですが…MPCは清掃いらずです!

アプローチ部分もMPCを施工したいと思っているのですが、なかなかその時間を確保できず…
また施工した際はこちらで報告しますので、遊びに来てください。


そうそう、肝心なことをお伝えし忘れていましたが…
MPCの施工は弊社では、今回もブログを担当しておりますHosoyaと、ママさんスタッフのYamazakiの二人で施工しています。

Hosoyaは何度かMPCの材料をアメリカから輸入している『カントリーベース』さんという、ニッチな建材屋さんに研修に行っており、そこで腕を磨きつつ、「MPCを施工してほしい!」とご依頼いただいたお客様に、今のところは破格←(?)のお値段で、施工チャンスをいただいております。

こちらはリフォームでMPCを施工させていただいたお宅の玄関
BEFORE
AFTER

モルタル仕上げのポーチと、タイル仕上げの玄関を、すべてMPCで仕上げさせていただきました。

こちらの色はスピードウェイグレー(だったと思います)
ネイビーのガルバ外壁とも、木目調ともよく合う色ですね!

施工の際、季節の変わり目でなかなか材料の硬化時間が読めず…
アタフタやっている我々を、暖かく寛容なお心で見守ってくださったお施主様。
最後はドライのブーケまでプレゼントしていただき、じーーーーんとしました。

リフォーム現場では特になんですが、お施主様のお心遣いにじーーーーんとする事が多いです。
お客様へ直接サービスを提供する仕事って、大変なことも多いけど…
一生懸命やると本当に伝わるんですよね。
終わった後、「お疲れ様でした」「ありがとうございました」って言っていただけることが、本当に嬉しいなって、この仕事をしてるとよく思います。

また話が逸れました…えぇっと、MPCは…

あっ!最後にMPCの施工の最終工程に「トップコート」を塗る作業があります。
トップコートで膜のようなものを作り、保護することが目的なのですが、トップコートを施工する前にオススメなのが 『ステンシル』です!

こちらのお宅では、竣工の月と西暦をステンシルさせていただきました。
また玄関前の壁にもMPCを施工しており、そちらにはお名前とご住所をステンシルさせていただきました!

こんな感じでMPCは建物の中でも外でも、そして床でも壁でも施工が可能です!
色も何色か展開しております!
私たちはグレー系しか施工したことがないので…ご興味のある方は、我々に是非チャンスを!!

また実際、MPCの仕上げが見たいという方は、お気軽にオフィスへご連絡ください。
オールドスタイルは少ないスタッフで運営しており、現場などへ出かけていることも多いため、お手数をお掛けしますが、ご訪問の前にご連絡をお願いします!

せっかく来ていただいても、ご対応できないというのは本当に申し訳ないので…
宜しくお願いいたします!

それでは今回はこの辺で。
MPC施工のご依頼、お待ちしております!
クロスの上からでも施工可能です~~~←しつこい(笑)