メニュー

インテリアを楽しむ空間づくり

突然ですが!
お家でインテリア、楽しんでますか?

Hosoyaは掃除を楽にしたいので←、インテリア小物は最小限です。
思い入れのあるモノをちょっとだけ。
あとはファブリック系で色を使い、雰囲気を時々変えてますが、基本シンプルが好きです。

まぁ私の好みはどうでも良いとして…
家づくりのお打合せの際も、インテリアは重要な要素になります。

その中でも特に私が注意するのが『壁の量』です。
間取りのお打合せ段階でよくある例として…

明るいリビングをご希望される方で窓を3面に配置し、キッチンもオープンキッチンに。
すると実際空間に立ってみると、天井まで壁があるところが極端に少なく、部屋の隅のみになりがちです。
そうなると、お引っ越し後にテレビをどこに置こう?みたいな問題が起こったりします。

でも窓もとっても重要な要素なので妥協はできませんよね。
ですから私は、インテリアのことを考えながら「窓の種類」や「窓の高さ」をお選びいただいてます。

窓を設置する目的が「採光」の場合は、開かない窓「FIX窓」をオススメします。
こちらは把手や網戸も付かない、シンプルな額縁の様な窓。

窓を開ける必要がないので、写真のように窓の前にインテリアを飾ることができます。

開かない窓なので雨が入る心配もなく、さらに気密性や防犯性も高くなります。
こちらのお家では窓枠は付けず、本当に額縁のように窓が付いています。

窓の高さも重要です。
「採光」や「換気」が目的の場合、壁の高い位置に窓を付けることをオススメしています。
こちらはお隣さんなどの視線問題も解消できます。

上の写真は弊社で扱っている規格住宅「WTW HOUSE」のベッドルームです。

奥にはバルコニーへ出られる大きな引違い窓、ヘッドボード側には高い位置に横長のFIX窓。

そしてベッドの足元側の壁にはオプションになりますが、ピクチャーレールが取り付けられるので、インテリアを楽しめます。
ポップインアラジンを付けて、この壁をスクリーンとして使う予定と仰っていたお客様もいらっしゃいました。

ちなみに写真を撮っている側は部屋のドアとWICがあります。
理想的なベッドルームですね!

また上の写真は、壁を古材貼りにした玄関です。
海外の牧場で使われていた?という噂の古材を天井まで貼りました。
この壁だけでもインパクトは相当あるのですが、ここにドライフラワーを飾ったり、玄関なので帽子をかけたりしてもオシャレですね。

壁の仕上げをクロスではなく、木材などを使用するメリットは以前ちょっとブログに書いた気がしますが…
なによりインテリアの演出性がアップします!

経年変化も楽しめるので、アクセントとしてあえて壁を作り、お気に入りのインテリアの演出に使ってみてはいかがでしょうか?

こんな風にインテリアも含めたライフスタイルを想像し、ワクワクした気持ちから、家づくりを始めてみるのもオススメです。


今週からGWがスタートですね。
今年のGWはまだまだコロナ感染予防もありますし、理想の家づくりを考えてみるのも良いかもしれません。

こちらはご案内になるのですが…
弊社ではGW中、感染予防対策をしっかりした上で、完成現場見学会を開催しています。

今回はなんと!完成現場が2棟同時に見られます。
しかも反響の多いFREAK’S STOREとのコラボ住宅「FREAK’S HOUSE」と WTWとのコラボ住宅「WTW HOUSE」の2棟です!

この人気のデザイン住宅を同時に見学できるチャンスは、なかなかありません!本当に。

お時間がある方、興味がある方は是非お問合せください!
4/29~5/9まで開催しています。

それではまた次回!